IT・WEBエンジニアの仕事を探したい





エンジニアの仕事は自分のスキルを生かせるかがポイント

企業活動だけでなく公共インフラについてもITへの依存度が高まっており、技術の進歩によって常に新たなシステム開発や改訂作業が求められています。また、スマートフォンの普及により、ソーシャルゲームを始め、様々な企業がアプリやスマホを用いた販促プロモーションを行うようになってきています。

このような状況の中、ITやWEBを扱えるエンジニアの需要は非常に高くなっています。実際に求人倍率の伸びは他業種と比較しても高い物になっており、その伸びも大きくなっています。

ただ、この業界は技術の進歩が早く、自分のスキルと求められるスキルの間にズレがあると採用されにくくなるのも特徴です。JAVA,Unity,cocos2dからPHP,HTML5など、求められる場面も違いますし、常に更新される最新のテクニックや知識を維持し続けなくてはなりません。

とくにエンジニア業界で職を探したり、転職をしようと考える場合には、自力で闇雲に求人を探すのではなく、ネットから登録できる転職支援サービスを利用するのが近道です。無料で利用できますし、担当者がついて一緒に仕事を探してもらえます。あらかじめ自分のスキルや希望を伝えておいて、その要望に応じて勤務先の人事担当者と代理で交渉してもらえますので、職に就いてから「こんなはずじゃなかった」というようなミスマッチも避けることができます

また、フリーランスのエンジニアとして企業に常駐する形態で仕事をする方が多いのも、この業界の特徴です。企業に就職するのではなく、業務委託契約を結ぶ形で仕事を行う常駐型のフリーエンジニアは報酬も高額になります。個人事業主という扱いになるため福利厚生は手薄になりますが、フリーエンジニア専門の仕事支援サイトに登録することで案件を紹介してもらえたり、正社員並みの福利厚生を受けることもできます。